428: 忍法帖【Lv=5,xxxP】 投稿日:2012/03/14(水) 22:02:36.24 ID:vTAoSnh40
あまり書き込んだことないから、読みづらいかも。

先週の土曜日、旦那の実家で桃の節句をした。
義父母だけじゃなく、娘にとっての叔父や曽祖父、大叔父も来てくれた。
娘はかなり人見知りが強く、大叔父も慣れるまで半年近くかかった。
曽祖父は滅多に会うことがなく、子供が生まれてから顔を合わせたのは3回目か4回目。ちなみに娘は今2歳8ヶ月。
絶対泣くだろうな、人見知り全開になるよなあ、と皆思っていたと思う。


引用元: ・◇ 心霊ちょっといい話 ver.18 ◇


でも、娘は泣かなかった。それどころか自ら「こんばんは」と曽祖父に挨拶をして、お辞儀までしたww 
曽祖父が座ると、隣に行って「おひなさま、ぼうし取れちゃったの(左大臣の烏帽子がどうしてもうまくかぶせられなかった)」 
とその日あったことを話し、ひな祭りの歌まで歌い、挙句の果てに曽祖父と一緒に夕飯まで食べた。 
娘の人見知りは全員知っているので、「ちょwwwなんでじいちゃんだけwwww」と和気藹々とその日は終わった。

429: 忍法帖【Lv=5,xxxP】 投稿日:2012/03/14(水) 22:04:16.12 ID:vTAoSnh40
翌日、娘に曽祖父と仲良くできてよかったね。楽しかったね。と言うと、娘は元気よく「うん!」と答えた。
変な訊き方だけど、「どうして大きいじじ(曽祖父)と仲良くできたの?」と訊くと、娘はつたないながらもこう答えた。

「あのね、なむなむさんのとこにね、大きいばばいた」
「○○(娘)のとこに、すーっと来たの」
「にこっと笑ってね、『うふふ』って言ったの」
「『仲良くしてね』って、言った」

義母が「亡くなった曾祖母に見てもらいたい」と言ったので、ひな壇は仏間に設置していた。
すぐそばに仏壇があり、その真上に遺影がある。
桃の節句だし、旦那(曽祖父)も久々に来たし、遊びに来たのかもね、と旦那や義父母と話した。

娘には霊感とまではいかないけど、たまに??なことを言うことがあるので、何か大人には見えないものが見えてるのかも、と思っている。