237: 本当にあった怖い名無し 2009/10/04(日) 19:16:55 ID:U2rtC7w30
心霊つうかよくわかんない話。 

現在子供が一歳半なんだがその子供を妊娠する前の話。 

うちは不妊治療をしていたんだよね。でも結局先生から「手術しないとだめ」 
とかネガティブなこといわれた。でも結局治療やめて頭にきたのでワインとか酒飲んだら 
妊娠した、ってオチなんだけどw酒は治療中は絶対禁止だったから。まあ大好きな酒のんで 
リラックスしたらよかったんだね、って医者に言われたwwなんつうゆるい医者だw 


引用元: ・◇ 心霊ちょっといい話 ver.15 ◇



そんな妊娠する前。夫婦で近所のコインランドリーで洗濯してたのね。すげえ精神的に暗い感じでw
だいたい治療にお金かかるし、洗濯機とか買えないね。マイホームも無理だよ。とかぶつくさいいながら。
そしたらだんなさんの死んだおじさんの話になった。おじさん会社経営してバリバリやってたのに、
脳溢血で倒れて半身不随で10年近くも寝たきりで数年前に亡くなった。旦那がしんみりと「さぞかし悔しいだろうな」って。

実はだんなさんの実家に泊まったときにちょっと怖い経験があった。そのおじさんが生前に使ってた
部屋に二人で泊まったんだけど、そのおじさんは大学生のときに優秀で奨学金で海外に留学してるのね。
夜中の3時くらいに目覚めたら、そのときにとった学位の免状が壁に飾ってあったんだど、もうありえないくらい
に変な月明かりみたいのが煌々とその壁にある免状を照らしているの。その場所だけ。
そもそも月明かりが入るような窓ないんだけどw

238: 本当にあった怖い名無し 2009/10/04(日) 19:17:51 ID:U2rtC7w30
そんで私はもう「あわあああああ」ってあわくらってしまって、いそいで寝ぼけてた旦那さんを起こした。
「あそこだけえええなんでええええなんでえええ光ってんのおおおお」

うちの旦那は「あう?zzzz」とか全然相手にしてくんない。そしたら突然頭の中に
「こんなにがんばったけど無駄だった」ってメッセージのようなものが聞こえた。
おじさん若いころから一生懸命勉強に努力の毎日。部屋の中には自筆の自己啓発のノートとか目標とかたくさんあった。
志半ばで病に倒れたのが相当悔しかったんだろうね。

後から聞いたんだけど旦那の妹は霊感が強いんだけど、実際にそこの部屋に泊まったらおじさんの幽霊を見て
しかもおじさんは壁の免状を指していて実際に同じことを言われたらしい。

だからその話を夫婦でコインランドリーでしながら「おじさん悔しかったね」って。

そこまで話したら一瞬自分でも意識が上のほうに飛ぶような気分になった。自分であり自分でない感じ。
そして「そんなに悔しかったら赤ちゃんになってもどってくればいい。私が生んであげるから!!!」
って口走ってた。自分でも「怖い何でこんなこと言ってるの」と思ったがとめられない感じ。

そしたら目の前に止めてあったうちの車からいきなり「ドスン」って大きな音がして盗難防止装置が作動して
けたたましいクラクション「びーびーびーびー」と鳴り出した。

旦那が「なにこれ怖い」って小さな声でつぶやいて車にいってピピっと警報装置を止めた。
もちろん誰も車を触ってない。

まあうちら夫婦の間では、あれはおじさんが「おk!!じゃあ生まれ変わりに下界に降りる!!」
の挨拶だったと思ってる。

あれから無事出産して旦那の実家に赤ちゃんを見せにいくと「ああ、死んだおじさんにそっくりね!!!」と言われるw

おじさん、がんばって赤ちゃん育てるからね!相変わらず貧乏で洗濯機買えなくてコインランドリーなんだけど。
でもおじさんが生前に悔しくてできなかったこと、親としてなるべく応援していっぱいできるような環境を作る!!
だから天国から降りてきてありがとう。すごいテンション高くて全然寝なくていつも暴れてる子だけど
かーちゃんがんばるよw