45: 本当にあった怖い名無し 2009/09/03(木) 20:31:53 ID:e/S0r2IK0
まぁ、夢かホントにあったのか分かんないし。
あれは幻だったのかもしれないけど、俺は信じてる話がひとつ。

去年、ばあちゃんが亡くなった。
親が仕事で忙しく、俺と弟を育ててくれた、
俺にとって母親と言って良いような、ばあちゃんだった。
ばあちゃんの旦那さんであるじいちゃんは、
ばあちゃんが亡くなる4年前に先に逝っていた。

とある日、昼寝をしていると。
夢の中でも俺が昼寝をしていて、その夢で昼寝をしてる中で見た夢なんだ。
(ややこしくてすまん)

夢の中、裏口からばあちゃんの家に入り、家に上がる。
じいちゃんが仏壇の前でビールを呑んでいた。 

引用元: ・◇ 心霊ちょっといい話 ver.15 ◇


「・・・あれ、じいちゃん!?なんでいるの?!」と、俺はびっくりして尋ねた。 
「あぁ、いつでもおるよ。」とじいちゃんが答えた。 
「ばあちゃんは、そっち(あの世)へ行った?」と俺が尋ねた。 
「あぁ、来た。うまいことやっとるよ。」とじいちゃんが答えた。 
「今、ばあちゃんはどこにおるの?」と訊いた。 
「台所で料理作っとる」とじいちゃんは答えた。 
(生前、ばあちゃんは料理が得意で正直言って美味かった) 

ここでふっと目が覚めてしまった。 

亡くなった後にも俺の夢に出てきて、 
うまいことやってる。と報告してくれたのが凄く嬉しかった。 
涙が止まらなかった。 
じいちゃんとばあちゃんが居たから、まともに育った。と今でも凄く感謝してる。 
ありがとう、二人とも。